• ホーム
  • トリキュラーは従来のピルに比べて副作用が少ない

トリキュラーは従来のピルに比べて副作用が少ない

考えている女性

トリキュラーは、黄体ホルモン(レボノルゲストレル)と卵胞ホルモン(エチニルエストラジオール)の配合剤です。
排卵抑制作用が主にある薬であり、経口避妊薬として利用されています。

トリキュラーは、正しく服用すると、避妊率がほぼ100%であるとされています。
月経の第1日目から1日1錠を3週間服用することで、効果を発揮します。
従来のピルと比べて、副作用が少ないことが特徴的であり、安心して服用することができます。

トリキュラーの副作用には、悪心があることや乳房緊満感があること、頭痛が生じてしまうこと、嘔吐すること、下腹部痛が出ることなどがありますが、重篤な副作用が出にくいため、安心できます。
極めてまれな副作用として、薬と血液が反応して、血液が固まってしまうことがあり、血栓が生じてしまうこともあるため、体調が悪くなった場合には、すぐに、医師に診断してもらい、適切な処置をしてもらうことが重要です。
特に、普段から血液がドロドロな状態である人に注意が必要であるとされているため、薬を服用する前には、医師や薬剤師に体の状態をしっかりと確認してもらうことが重要です。
他にも、まれな副作用には、薬の過敏症や網膜血流障害による視力障害、肝機能異常、不正性器出血(破綻出血、点状出血)、神経過敏、腰痛、肩こり、けん怠感、性欲の減退、総コレステロール値が上昇することなどがありますが、ほとんどの人にこのような症状が起こることがないため、健康的な状態を維持しやすいです。
生理の日数が減るなどの経血の量も減る効果があり、貧血予防などにも高い効果を発揮するため、女性に非常に人気が高く、日本で最も使用されているピルであるため、安心できます。

関連記事