• ホーム
  • トリキュラーの生理に対する効果と副作用

トリキュラーの生理に対する効果と副作用

考えている女性

トリキュラーは経口避妊薬のひとつで、月経周期に合わせて飲み続けることで計画的な避妊ができるホルモン剤です。
女性ホルモンである黄体ホルモンと卵胞ホルモンを配合しているので、体内に吸収することで妊娠したような状態に見せかけることができます。
その結果、脳が妊娠したと勘違いして排卵を抑制し、卵子の受精および着床を防ぎます。

ホルモン剤なのでその代謝は肝臓によって行われますが、頻繁に使用していると肝機能が低下するおそれがあります。
肝機能に異常が起こると食欲不振になることもありますが、血液中の水分が代謝できずに、むくみや腹水の原因ともなるので、結果的に体重増加へと進む傾向にあります。
トリキュラーを服用すると体重が増加する副作用があると言われていますが、実際にはトリキュラー自体に体重増加の効果はなく、体調の不調によるものが多いのです。
肝機能に問題があると本来は処方されない薬ですが、事細かに検査をするわけではないので、自分で体調の確認をしておくことが必要です。
特にお酒を良く飲む人や、その他の薬剤を飲んでいる人は、以前よりも肝臓への負担が大きくなるので注意が必要です。

トリキュラーを含む低用量ピルでは、生理前に起こるPMSの食欲増進を抑えることができるのですが、体が妊娠した状態に近くなるため、食欲が異常に増すという効果もあることから、カロリーを摂取しすぎて体重が増加することになります。
ただ、生理前のイライラなどや月経痛、出血量を抑えることができるので、体重増加さえ気をつけていれば、とても使い勝手の良いホルモン剤となります。
食欲があっても食事を制限することができれば問題ありませんが、どうしても食べ過ぎてしまうという人は、軽い運動などをして調整するようにしましょう。

関連記事