• ホーム
  • トリキュラーで生理の腹痛軽減と生理周期の安定

トリキュラーで生理の腹痛軽減と生理周期の安定

トリキュラーなど低用量ピルは避妊のために使うのが一般的ですが、腹痛や腰痛などの生理痛緩和、生理周期の安定などの副効果もあります。

生理の際の腹痛は、経血を排出するために子宮が収縮する痛みです。
子宮を収縮させる作用がある物質プロスタグランジンは、子宮内膜に含まれます。
このプロスタグランジンが過剰に分泌されると、激しい腹痛を感じます。
トリキュラーなどの低用量ピルには、子宮内膜を薄く保つ作用があるので、プロスタグランジンの量が少なくなり、痛みが軽減するという仕組みです。
子宮内膜が薄くなると、経血も少なくなります。

トリキュラーは1シートの21錠あるタイプと28錠タイプがあります。
28錠タイプは、最後の7錠がプラセボ錠で、薬の成分が入っていません。
どちらのタイプも、21日間服用して、7日間薬を休み(28錠タイプではプラセボ錠服用期間)、次のシートに移ります。
消退出血と呼ばれる生理は、薬を休んでいる期間に来ます。
生理の訪れが規則正しくなり、生理周期が安定します。
妊娠に向けて、生理周期を安定させるために処方されることもあります。
また、ニキビや肌荒れなど、肌のトラブルも改善します。

トリキュラーは3相性ピルで、女性の自然のホルモン変化に合わせて、含まれているホルモン量が三段階に変化しています。
21錠タイプも28錠タイプも、実薬は同じで、赤褐色の錠剤が6錠、白色の錠剤が5錠、淡黄褐色の錠剤が10錠です。
シートに記載されている順番どおりに、飲み間違いのないよう注意して飲んでください。
毎日1錠ずつ、同じ時間に飲むことが大切です。

実薬を飲み忘れた場合、24時間以内なら気づいた時点で服用し、その日の分も通常どおりに飲みます。
24時間を超えたら、避妊効果が期待できませんので、服用をいったん停止します。
生理の開始を待って、1日目から次のシートを飲み始めます。

関連記事